質問と回答の仕方

      2021/03/19

ずいぶん偉そうなタイトルですが、

 

ちょっとだけ思ったことを書いてみようと思います。

 

来月は4月。

 

そう!

 

いろいろな会社さんで新人が入社してきます。(します)

 

オイラも記憶にありますが、

 

「先輩にどんな風に質問したらいいのだろう」と思ったことはありませんか?

 

聞いてみても、「よくわからない」ような顔をされたりして、

 

困ってしまうこともあるかと思います。

 

そんなときには、こんな感じ。

 

--------------------------------------------------------------

新人:○○さん、わからないことがあるのですが、お時間よろしいですか?

 

先輩:何?どうかした?

 

新人:先ほど指示された「%$#」の件で、うまくいかないことがあるんです。

「△△△」と「###」を使わなければならないということは

    わかったのですが、この後でどのようにしたらいいのか

分からないんです。

 

先輩:そうか~。

もしかしたら、「$$$」のことを含めて

考えていなかったんじゃない?

 

新人:あっ、そうですね。ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------

 

ってな感じ。

 

お気づきでしょうか。

 

新人の質問の仕方は、「とにかく分からない」ということを

強調するのではなく、「いくつか分かったことを加えている」

という点がポイントです。

 

質問される側としては、「相手がどこまで分かっているのか」ということを、

把握することは難しいでしょう。

 

よって、先輩は質問の内容から、

「相手がわかっていない(または気づいていない)こと」に対して、

的確にアドバイスができる(と思う)のです。

 

このようなスタイルをとれば、

たぶん、お互いの余計な労力を使わなくても、

スムーズに進むのではないでしょうか。

 

きっとこれは、新人だけに限らず、

有効的に使えるのではないかと思います。

 

ではではぁ~。

 - 未分類