ホワイトカラー・イグゼンプション制度について

      2021/03/19

えらくマジメそうな話題で。。。

 

カタカナ用語は相変わらず苦手ですが、

 

「ホワイトカラー・イグゼンプション制度」でちょっと。。。

 

残業代が出なくなるというのは、

 

反対です。

 

もともと安い給与で、

 

忙しい業務。

 

さらに緊急対応なんてことがあると、

 

普通に終電まで時間がかかることが普通にあります。

 

ソフトウェア業界は、おそらくこういうのが普通でしょう。

 

学生にも選ばれなくなってきた業界ですし。

 

どこの会社でも、

人件費を抑えたくて、

給与をなるべく上げずに、

いるであろうこんな時代に。

 

国で残業代を「払わなくていい」という

お墨付きはいかんと思います。

 

現在の法律では、サービス残業は「違法」となっているはずです。

 

180°方向転換するのか???

 

と思うわけで。

 

年俸制とかの給与形態であれば、

特に関係ないかもしれないけど、

なんか納得できないなぁ。

 

転職情報の中に「残業代はすべて出します」と

うたっている会社さんもあるわけです。

 

いくら景気が上向いてきたとはいえ、

実感がわいているのは、大手さんくらいではないでしょうか。

 

オイラみたいな小さい会社で働いている側からすると、

景気も良くならないし、

給与もあがりません。

 

賞与も期待できません。

 

何より、精神的な面での悪影響が考えられないだろうか。

 

弱い立場の社員が、上司から仕事を押し付けられ、

上司はさっさと帰り、部下は残業代も出ず忙しく働かされる。

 

仕事には対価が必要であると思う。

 

なのに、対価が無いとなると、

なんのために仕事をするのかと考えてしまわないだろうか。

 

やはり、いい影響を及ぼすとは思えない。。。

 

都合のいいリターンばかり考えずに、

どんなリスクがあるかを詳細に分析すべきだと思う。

 

世の中思い通りには行かないものだ。

 - 未分類