技術者のサラリーマン化

      2021/03/19

すでに気づいている人は、気づいているのかもしれません。

 

システムエンジニアや、プログラマーといわれる人が、

 

サラリーマン化していることが、

 

品質の悪化などに影響を及ぼしているのではないかと思い始めました。

 

確かに、SEだって、PGだって、サラリーマン。

 

だけど、会社に行って、言われたことだけをすることが

 

仕事ではないと思う。

 

最近の人材の傾向としては、

 

他業種からの転職を受け入れ、

 

与えた仕事をこなしてくれる人を求めているような場合が

 

多いのではないだろうか。

 

はじめのうちは、それでもいいかもしれないが、

 

1年、2年と経ったとき、

 

サラリーマン化した技術者は、

 

何を後輩に教えることができるのだろうか。

 

言われたとおりやったから、

 

何か起きたら言った人が悪い。

 

きっとこのように思う人は少なくないと思う。

 

言われたことだけやるのであれば、

 

内容によっては、バイトや現役の学生でも

 

十分に対応が可能な場合が多いと思う。

 

オイラが何を言いたいかというと、

 

技術者としてのプロ意識

 

である。

 

自分の作ったものに対して、

 

自信を持って胸を張って言える技術者が

 

少ないのではないかと思う。

 

技術者の能力って、

 

会社という枠の中での、

 

地位や、技術力では、

 

まったく意味のない尺度だと思う。

 

俺はリーダーだから、

 

もう勉強しなくていいし、

 

十分に経験をつんだから、大丈夫。

 

と思うひともいるだろう。

 

オイラは、それは、

 

間違いだと思う。

 

リーダーであるからこそ、

 

新しいこと情報も仕入れておき、

 

かつ、マネージメントをいかにまとめていくか。

 

円滑な流れをもって、

 

プロジェクトを最後まで、保てるかということについて、

 

最大限の努力が必要だと思っている。

 

おそらく、サラリーマン化した技術者は、

 

できそうな人材に、

 

仕事を丸投げし、何か事態が変化しても、

 

責任を転嫁したり、

 

逃げの行動をとる傾向があるのではないか。

 

これは、上司であろうと、

 

部下であろうと一緒。

 

自分で作ったものや、

 

管理対象のものに責任を持てなかったり、

 

逃げるような発言を軽々するのは最低である。

 

どんな仕事でも、そうだよね。。。

 

とかく、自分の仕事を増やさず、

 

責任が増えないように、

 

付箋をはっておくのである。

 

突っ込まれると、子供のような言い訳をし、

 

適当な場当たり的見解を述べ始める。

 

下から見てても、かっこ悪いし、

 

下の人がこのような言動をとると、

 

がっかりしてしまう。

 

そして、自分がそうならないように

 

意識する必要がある。

 

目の前の仕事のための技術だけを

 

吸収しただけでは、

 

技術者とはいえないと思う。

 - 未分類