出張は、一旦終了

      2021/03/19

久々の更新です。

 

お待たせしましたね。。。(←って、まってねーよ。

 

はい。

 

いつぶりでしょうか。

 

出張中は、かなり疲れました。

 

22、23日は戻ってきていたのですが、

疲労困憊、脱力感からぜんぜんかけませんでした。

 

そして、24日から26日まで、さらに出張でした。

 

情けないことに、25日に寝坊してしまい、

電話で起こされてしまいました(ハハハ

 

って、笑ってる場合じゃないし。

 

お客さんに気を使っても、

お客さんに気を使わせるのは、

良いことではないなと、反省。。。

 

しかも、2度目なので、

さらに反省。

 

体調管理も仕事のうちです。

 

さて、以前、

 

「ソフトウェア開発で伸びる人・伸びない人」

 

という本を紹介しました。

 

非常によく観察、分析された結果だと思いました。

 

読んでいて、なるほどと思う部分もあり、

 

自分自身に照らし合わせて、

 

反省する内容も書かれていた。

 

自分がどちらに当てはまる傾向にあるのかを、

 

確かめて欲しいなと思います。

 

同じ系統の本で、

SE の教科書 ~成功するSEの考え方、仕事の進め方/深沢 隆司
¥882Amazon.co.jp

というのを読み始めました。

 

業務アプリケーションを開発するSE向けの本です。

 

共感できる部分があったり、

 

考えさせられることもあったり。

 

オイラとしては、勉強になります。

 

システムを作ることとは、

 

いったいどんなことなのだろうっていうことや、

 

新人PGなんかにも是非読んで欲しいと思います。

 

なんとなくプログラムを書いていたり、

 

いまの仕事は何につながるのか不安に思っている人も

 

いると思います。

 

また、ソフトウェア開発会社に就職したいという方にもお勧めです。

 

一読する価値はあるかと思います。

 

オイラのような初心者は特にかもしれませんが(汗

 

さて話はもどり・・・。

 

しかし、疲れました。

 

こんなに疲れたのは、社会人になってから、

 

初めてかもしれません。

 

確認はあえてしませんでしたが、

 

このブサイクな顔が、さらにブサイクになっていたような気がします(笑)

 

お客さんの業務を覚えること事体は、

 

いままで聞いてきたこと、実際に見たことで

 

流れをつかんでいると思っているが、

 

非常に奥が深い。

 

業務が特殊なのかもしれないが、

 

複雑です。

 

その複雑な業務を、

 

システムというツールを通して、

 

いかに簡略できるかを考えなければならない。

 

複雑なことを、いかに簡略して、

 

コストを削減できるかが、

 

システム化の目的であると思っている。

 

お客さんからくる質問としては、

 

「ここのこれが、こうなっていないと、

 

こういう場合に対応できないんです」

 

ということや、

 

「これこれこんなことってできますか?」

 

ということが多いです。

 

前者は、要件定義漏れと思える部分が主。

 

後者は、機能改善に当たると思う。

 

前者について

 

要件定義漏れは、正直なところ、

 

後から見つかることは、NGである。

 

今回の場合、要件定義といわれる部分は、

 

ほぼ皆無と思ったほうがいいと考えている。

 

やっていたようではあるが、

 

現実味のない内容であったり、

 

ドキュメントが残されていなかったりと、

 

非常につらい状況。

 

いままでのやりとりなどから、

 

システム化しなければならないのか、

 

システム化の範囲外なのかを計り、

 

かつ、影響の範囲を見積もり、

 

どれくらいで出来るのかを返答している。

 

毎回のように、難事件が積み重なり、

 

どえらいことになっていることは確かである。

 

言葉で書くと、簡単だけど、

 

大変な仕事だと思う。

 

大変といっている基準も、曖昧でわかりにくいと思うけど、

 

オイラが直面している内容としては、

 

いままでにない責任を感じている。

 

後者について

 

オイラの勝手な理論としては、

 

「ほぼ出来る」と思っている。

 

というのは、実現する方法が1つではないということ。

 

100%でなくても、代替案を出して、

 

両者が納得できる場合があるからである。

 

無論、お互いの協力が必要で、

 

時間もかかるし、承認を得なければならない。

 

なので、システム化の範囲が決まっていない場合には、

 

非常に、返答に困ってしまうんです。

 

頭の痛いところ。

 

ドキュメントが残っていないということは、

 

悲惨な状況だなと改めて感じている。

 

ドキュメントと一言で書いても、

 

たくさんある。

 

契約書、要件定義書などなど。。。

 

お客さんと取り交わすべき書類が残っていないと、

 

開発側とお客さん側で意識の相違が発生し、

 

後々問題になる。

 

相互理解、合意の上でシステムを開発しなければ、

 

歯止めが利かなくなり、

 

システム化の範囲も広がってしまうのではないだろうか。

 

と思う。

 

偉そうだけど、ごめんなさい。

 

今回の2週連続の出張は、

 

ホントつらかったけど、

 

勉強になりました。

 

まだ、ちょっと体調が優れないので、

 

そろそろ寝ることにします。

 

健康管理もスキルアップしなくては・・・

 - 未分類