SEは日々勉強です!?

      2021/03/19

日曜なのに、仕事ですか?!

 

って、感じですが(笑)

 

今日は、ふと立ち寄った本屋で、

 

つい

 

買ってしまった本を紹介します。

 

今の会社に入ってから、

 

「オイラはどれだけ成長しているのか?」

 

という疑問が消えていません。

 

一般社員からサブリーダへ昇格しましたが、

 

昇格するだけの技量はあるのだろうかと。。。

 

いろんな「情報」はいろいろ仕入れていますが、

 

あくまで、「情報」であって、

 

技術ではないのです。

 

ん。。。

 

そもそも、オイラは、

 

技術者として、伸びる人材なのだろうか。

 

適正は本当にあるのだろうかと、

 

常々考えていました。

 

今日たまたま、なんとなく行った本屋で、

 

こんな本がありました。

 

ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人
¥840
株式会社 ビーケーワン

 

早速買ってしまいました。

 

自分自身が本当に大丈夫なのか、

 

伸びていけるのか。。。

 

自分の傾向と照らし合わせて読み始めました。

 

どうなるでしょうか。。。

 

ちょっと怖い気もします。

 

でも、自己分析にはいい本だと思います。

 

他の人からすると、こういう風に見られているかもしれないなど。。。

そして、もう一冊。

 

稼げるSEになるための仕様書・提案書作成入門
  

¥1,580
株式会社 ビーケーワン
 
 
 
仕様書について、専門学校時代、
 
 
「仕様書とはこんなもんだ」とか、
 
 
前の会社にいたときに見た仕様書くらいしか、
 
 
記憶がないのです。

記憶が正しいのか、

間違った認識をしているのではないかと思い、

買いました。

 

見やすい文書の書き方や、

 

ワードのうまい使い方など、

 

役に立ちそうな内容がありそうです。

 

技術者って、意外にもワードが苦手なひとが多いので、

 

もしかしたら、いい教材にもなるかもしれません。

正直、「誰かに教えて欲しいっ!」と

 

甘えていられる年齢でもありませんので、

 

ちょっとずつ勉強していきたいと思います。

SEという仕事は、

 

時に相手の会社を動かすこともあると思います。

 

そんな重要な仕事をするのに、

 

より良い文書を交換できなくてどうする?

 

と思うことがあります。

 

口頭だけで、伝えてはなんの意味もないと思うし、

 

責任問題に発展したとき、

 

何も残っていないことが不利になると思う。

 

 

すばやく、

 

的確で、

 

わかりやすい、

 

文書が

書けるようになりたいと思います。

 

文書を読む人が

 

どんな役割で

 

どんな目線で、

 

読むかは、わかりません。

 

 

しかし、

 

誤った認識を「与えるような」文書は書いてはならないし、

 

いろいろな意味を持たせるような、

 

曖昧な表現も避けなければならないと思う。

 

このブログでも、

 

まだまだ、足りないなあぁ~なんて思うこともあります。

が。

 

 

ちょっとずつでも進歩していきたいと思います。

でも、ニホンゴからか???(笑)

 

 - 未分類