開発現場って。。。

      2021/03/19

最近の悩み事と言えば、
会社内の状況をどうするかということ。。。

もちろん、そういうことを「やってほしい」と
いわれたわけではないのですが、
どう見ても、モチベーションが下がりまくりである。
もちろん私を含めて。

同じ案件を年単位でやってると、
「またこれかぁ~」
ということがかなり多い。

きっとほかの開発メンバーも同じだと思う。

案件が違っても、仕切る人がうまくやれなければ、
同様に「またかよ」と思うのは当たり前かと。

責任をすべて上の人に押し付けるわけではないのだが、
やはり、部下を見ていなさ過ぎだと
強く感じる。

基準が前の会社しかないが、
正直なところ、まだ、ましでした。

他のソフトウェア開発会社もやはりどうようなのであろうか?

何をやるにしても
役割分担の明確化をしなければ、
自分がどのように動いていいかわからないのではないか?

役割を明確にすることによって、
下のメンバーは、上の仕事を違う目線で捉えることができ、
いざ、下のメンバーが上の立場になったとき、
上の人がやってきたことを基準として、
物事や進め方を考えられるのではないだろうか?

おそらく、このようなことをいうと、
「できると思ってた」「そういうふうにやっていると思ってた」
というようなことをいうであろう。

しかしながら、人事権を持つ人がそのような感じではどうだろう?

何を基準にさていしているのですか?

という疑問が出てくる。

開発メンバーそれぞれが、
本当になにをやって、
どのような結果が見えたかわかっているのだろうか?

個人面談もやらなくなり、
上司がなにをやっているか、わからないが、
いつも忙しいと口走っている。

どう見ても、忙しいはずがない。。。

新規の案件が取れない状況なら、
どうやったら、今の案件を終わらせるか。

そういったことを考えなければならないのではないだろうか。

夢や希望だけでは、次へは進めないし、
現状を把握して、いかに打破していくかの
力量を見せるのが上司ではないだろうか。

開発メンバーがこのようなことを思っていることに、
本当に気がついていないのだろうか。。。

不思議でしょうがない。

プライドが邪魔すのかどうなのかはわからないが、
上司であろうと、誰であろうと、
わからないなら、わからないなりに
聞いたらいいのではないか?

逆に、こんなことがあったら、
必ず連絡するように指示したっていいのではないか?

いままで居た開発メンバーと同じやりかたをして、
成功するはずがないと思っている。

まだまだ、難しいことばかりが残っているな。。。

 - 未分類