仕事でなにか足りないと思う事

      2021/03/19

決して大きな声で言えるような事ではないが、
仕事をしていて、何か足りないと考えていた。

1.人的刺激
おかしな表現かもしれないが、若かりし頃は、
会社の先輩は、技術、アイディア、経験ともに、
自分からすると先駆者であり、よき先輩として見ていた。
しかし、自分がある程度の年齢になり、
後輩がいて、指導したり、アイディアを出したり、
当時の逆の立場となりつつある。
だが、組織的な立場や、仕事上での立場があがると、
孤独との戦いだったり、相談しにくい内容だったりと、
苦しい局面が多くなる。
だからといって、先輩にすがりつきたいとか、
いつでも相談したい人を見つけておきたいとか、
そういう思いではないのだ。
話すことが少なくなっていることが原因の一つかと感じている。
といっても、どちらかというと、創造したり、議論だったり、
技術的な解決だったり、前に突き進むような話というのが、
すごく少なくなっていると感じる。
理由はいくつかある。
考えようとしない、または考える力を持とうとしない人が多い、
または、派遣社員と仕事をする事により、役割が明確化され、
言われた事以外は基本的にはやらない仕事の仕方の定着。
この業界へのハードルは、会社を選ばなければ以外と低いだろう。
上から言われたとおり、プログラム開発をし、納品すればよい。
と、ここまでしか考えていないのであれば、もうその先は無い。
システム開発の本質は、顧客に納得してもらい、
喜んでもらう事にあると思う。それは、サービスの考え方かもしれないが、
サービスの提供の手段としてシステム開発や、それを通じたソリューションで
であると考える。
サービスを提供する為に、チームで話たり、議論したり、
そのような場面が非常に少なくなっていることが、
いま、自分自身で思う事の一つであり、
自分が持っていないものと、誰か話す相手が持っているものとの、
ある意味、化学反応がないことについて、
人的刺激と表現した。

2.知的好奇心
昨今は、身近に存在する情報量が図書館レベルと言われているそうです。
つまりそれは、インターネット、スマホの普及により、
手軽に情報に触れる事が出来る時代になったからです。
ですが、調べることが出来れば、考えなくもなる場合もあり、
ネットで検索した結果が、すべて正しいと勘違いしてとらえる人も、
まれに見られます。
ただ、その分、確かな情報を見極めるという違う力が必要になってくるのですが、
それもある真剣に見極めればたどり着く事も可能です。
このように、情報があふれた世の中だからこそ、
自分が知らない事に興味をもったり、本質が知りたくなったりしてきている。
もちろん、その知りたい事をネットで探せばいくらでも出てきます。
ですが、自分の分野以外の事に関しては、ネット上で本質を見極めるのは
難しいでしょう。
初めの内容ともかぶりますが、知的刺激を求めているのかもしれません。
だからといって、手当たり次第手を出していてはもともこもないのだが、
やったことがないこと、自分自身にないものを、新しく取り入れたいという
気持ちが出て来ているのだと考えています。

人それぞれ、何かしらの悩みを持っていると思います。
ふと、よぎった事を、自分の備忘録として、書いてみました。

自分のわがままだろうとも思うが、自身の考え方が
何か変わって来ていると感じている。
そして、いまのままでは、自分がダメになってしまいそうだと、
漠然と考え始めているような気もする。

答えはなく、その場その場で判断をしていくのだろうとは思うが、
何らかの方向性は見つけていきたい。

 - 未分類