スターバックス

      2021/03/19

先週のカンブリア宮殿の感想。

番組中にも特徴としてあげられていたが、
従業員にやさしい会社だという。

アメリカ企業といえば、競争、実力主義によって、
淘汰される人、企業が多くあるイメージで、
勝ち残った企業のみが、拡大をしていく。
あくまでイメージです。

だが、スターバックスの場合は、
上場前にこれらを成し遂げた。
・健康保険をパート従業員まで適用したこと。
・ストックオプションを適用したこと。

上場直前の、経営状態がどのようなものであったかは調べていないが、
アメリカ企業の特色っぽくない。

現大統領オバマ氏が、日本を見習った国民皆保険制度を上げたりしているが、
これを、いち企業がおこなったのだ。

では、スターバックスは、顧客に対して何を求めたのか。

私が思ったのは、「人にやさしくあれ」。

番組中に、顧客に必要なことは、多く買ってもらうことではなく、
「信頼」であると語った。

無論、信頼がなければ何も成り立たないから、
「あたりまえ」ともとれることであったが、
顧客だけでなく、従業員に対しても信頼を持ってほしいと取れると思った。

結論として、人として「原点に返る」ということではないだろうか。

会社が従業員に対して、何を求めているのか、
どう思っているのかは、再確認が必要なのかもしれない。

あいまいでなく、ということ。

 - 未分類