否定と肯定

      2021/03/19

話す流れって、重要。

早く終わらせたいからと言って、あーだ、こーだと突き進めるのも良いが、話しを聴かずに否定が多くては、心象が良くないと思います。

対応する相手によっては、任せておくという意味で、好む場合もあるとは思いますが...

だれかとの会話のなかで、「ダメ」とか「でも」などの否定を意味する言葉が多いと、どんな印象になりますか???

あくまで私の感覚ですが、話しを聴いてくれてる感がなく、「ならどうなのよ!」と思ってしまう。

仮にこの感覚が、自分が話す相手にもあった場合は、危険ではないか。

相手としては、話したことが伝わったかが曖昧で、気持ち良く会話したと感じれないのではないだろうか。

では、心象を悪くしないで、否定しつつ、話しを進めるにはどうしたら良いのだろうか。

結論ではないけど、今はこう考える。

否定したいことを、いったん受け止め、即、否定しない。で、話しの流れから、否定とならない接続詞を使ってみる。

ただし、否定したいことを受け止める意味で、同調する反応が必要かも。

という感じ。

答えなんて無いと思うから、なんとも言えないが、考えることが重要なのだと思う。

 - 未分類