自信

      2021/03/19

最近はすごく寒くなり、若干風邪気味です・・・。

 

さてさて。

 

自信が無いときって、どんな思考パターンか。

そして、自信をつけるまでどんな過程をたどるか。

 

自問自答の内容です。

 

自信をつけるとは、どういうことであるか。

 

やったことが無いものに対して、

自信があるとはいえない。

 

当然。

 

なぜ、自信がないのか。

 

わからないことがある。

 

では、どんなことが分からないのかが分かっているか。

 

1.達成目標を立てる

 

2.分からないことを整理

 

3.整理した分からないことに優先付け

及びリスト化

 

4.優先順位に従い、分からないことを確認しつつ、

優先順位の再検討を行う

 

5.終わったものには、リストをつけ、

完了していることを見える状態にする

 

6.さらに気になったこと、深堀したいことをチェックする

 

7.達成目標への進捗を意識

 

どこかにいる弱い自分と、常に戦わなければならない。

 

正直なところ、弱っている自分もいるし、

強くなりたい自分ももちろんいる。

 

自信を持つまでに、楽はできない。

また、確実に一歩一歩進め、

進んでいることを実感することも大切。

 

焦らない事。

 

焦って視界が狭くなると、

やるべきことが遠ざかり、

自信を客観的な目線で見る必要もある。

 

時には振返り、

「よい?よい?よい?」

「なぜよい?なぜよい?なぜよい?」

 

なぜなぜ5回を繰り返し、

意味のある根拠をもり、理解度を増す。

 

不安だから確認し、理由を求め理解する。

 

積み重なっても整理整頓。

意識的に、機械的にでも。

 

頭の中に本棚をつくり、見出しをつける。

 

意識することはたくさんでも、始めなければ、

いつまで経っても同じ。

変わらない。

 

意味のある時間を。

 

不安があるから乗り越えて、

 

経験をつむ。

 

やがて自信となり、次のステップへ。

 

・・・。

 

ほぼ独り言。

 - 未分類