伝えるということ

      2021/03/19

日々思うことがある。

 

「私、話下手すぎないか・・・」

 

周りの人には、「いま気づいたの?」なんて言われそうですが、

 

これでも自覚してます・・・。

 

うちの現場では、すごくうまい人もちょっとわかりづらい人もいます。

 

ただ、うまい人の共通点がある気がした。

 

1.「頭の左の後ろを使って話している」ような気がする。

 

2.そして、あまり、人の目をみない。

 

1.については、間違いないようである。

コチラ

 

2.については、結論に至っていないが、

人の目を観ることによって、論理的に考えているものに、

「感情」が入ってしまう為、文章の組み立てに作用してしまうのではないかと・・・。

 

そこで、何か足りないか・・・。

 

数年前からよく耳にする

 

「ロジカルシンキング」

 

かも。でも。

 

論理的にね・・・。

 

って、なんとなく理解しているつもりでも、

理解できていない。

 

改めて、勉強してみようと・・・。

 

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)/照屋 華子
¥2,310
Amazon.co.jp

時間がかかるだろうが、読んで試して、

自分に慣れさせていかなければと思う。

 

仕事の中でも、「ハマ」った内容であれば、

比較的うまく伝えられていると思うが、

ケースが違ったりすると、

伝える意味での文章の「フレームワーク」がなく、

失敗に終わってしまう。

 

うまく伝わらないということは、

時間の無駄であり、

話す相手の時間も無駄にしてしまう。

 

ちょっとずつ、やっていこう・・・

 

関係ありませんが、定額給付金が振り込まれてました。

 

やっぱりうれしかったですね。

 

そして、選挙にも行ってきました。

 

出馬している候補者が全員無所属。

 

実は、何を公約としているかもわからず、

 

名前のイメージと、人相で投票してきました。

 

人相で、ある程度体系化すると、

 

意外にも傾向が見える気がする・・・。

 - 未分類