【舞台】容疑者Xの献身

      2021/03/19

先日、「容疑者Xの献身」の舞台を見に行ってきた。

劇団はキャラメルボックス 。

追加公演も決まっているほどの人気。

 

映画が公開されたときも見ていたので、

比較的入りやすかったです。

 

トータル的には面白かったと思いました。

 

涙しやすい私は、案の定、涙をこぼしました・・・。

 

ただ、劇団特有の笑いは、もう少し少なくてよかったかもしれません。

 

映画では多くなかったある場面が多く、

おそらく、そこは強調せずに、

後半の場面に時間を使ってほしかったと思いました。

 

でも、その後半の内容。

 

映画館で感じることとは、また違った感じ方があったところがよかったと思う。

 

それは、

 

目の前で、「生で」演じているということで、

役者さんの感情がダイレクトに伝わってくる。

 

映画では、カット割りや、音響によって、

観ている人への効果を大きくすることができると思うが、

 

舞台は、一つ。

 

演者さんから伝わる感情が、

「生」であるからこそ、

感じられることも多かったと思う。

 

余談ですが、ドラマ「相棒」に出ていた、

川原さんが観れてちょっとうれしかったです。

 

そして、私が観に行った日が、

お誕生日だった西牟田さん 。

大勢のハッピーバースデーソングでしたね。

おめでとうございます。

 

そしてそして、お気に入りの岡田達也さん 。

登場が少なくてちょっと残念でした。

でも、本家ガリレオ先生の福山雅治とは、

違った感じでよかったと思います。

変にまねるよりも、らしさでよかったです。

 

三浦剛さん。観るたびに

良くなっているような感じを受けてます。

期待してます。

 

舞台って、結構刺激受けます。

 

いつも思うのですが、

 

自分は、人に何か与えられているだろうかと。

 

いや、与えようとしているのだろうかと。

 

演じるって、すごいことですよね。

 

台本の中にあるストーリーの、

特定の人物になりきって、

感情、表情、行動、あらゆることを演じるのですから。

 

そして、観ているお客さんにも伝えられるように。

 

すばらしいお仕事です。

 

私は、まだまだ与えられるほどの人間ではないな。

 

最近良く思う。

 

どこかしらで、小さくて、自信が無くて。

 

人と比べる必要は必ずしも無いと思うが、

 

浅い人間だ。

 

より深めるために、

 

何か努力しよう。

 

背伸びしすぎず、

 

いっぽ、一歩。

 

一日を大事に。

 

いつ倒れるかわからないし、

今の時間をすごしていこうと思う。

 - 未分類