見えない作業

      2021/03/19

日々いろいろな作業をしていますが、
見える化されていない暗黙的な作業があります。

大きな意味で、「普通」と思われる内容。

普通というのは、簡単な言葉ですが、
意味を考えると難しい。

世間一般のような普通は、
比較的意味が通じやすい。

しかし、「現場で生まれた普通」というのは、
深い背景があったりする。

長年同じ現場で業務を行っている方は、
その普通を理解して行動するが、
新しく入った人は、戸惑うこともあるでしょう。

この場合の普通は、
資料などに可視化されていないことが
多いのではないでしょうか。

開発では、大きな意味での開発フローがありますが、
「現場特有のフロー」は見えにくい。

つどつど誰かに確認ということになりがちで、
個人の認識の「伝言ゲーム」になる。

つまり、誤った認識が何もチェックされず、
広がってしまう可能性が高いと思われる。

これは、現場の末端側で多く発生し、チームの組織の上ほど、発生認識が低い。

よって、品質保証の落とし穴になりやすいと思われます。

では、どんな対処がよりよいのか。

例えば、品質に対するミーティングを行う。

作業者それぞれが、日々の作業について、
つまづいたことや、気になったことを発言し、対策を行う。

ただし、ミーティングを残す方法は、議事録ではなく、作業フローを図式化したものに、書き込んでいく。

一つのものにまとめ、即時に作業に使うようにする。

作業者がミーティングを行うということは、人数が多くなればなるほど、工数を要し、現実的てはないかもしれない。

では、他にどんな方法があるだろうか。

業務日報

日報のフォーマットに、作業で気になった点を記述項目を加え、まとめる人を決めておく。

ただし、まとめる人は現場側の有識者が良いと思われます。

そして、日報からあがって来た内容を判断し、作業フローに取り込みます。

初めのうちは、工数を多くとられるとおもいますが、続けて行く事によって、減少傾向になるのではないでしょうか。

ただし、日報からあげられる内容で、作業フローに似た内容がある場合、意図が同じであるかの確認は必要でしょう。

理想に近い内容かも知れませんが、
現場のノウハウから、会社のノウハウにもなる可能性があると思います。

見える化には、たくさんの方法があると思いますが、その中の一つになればと思い書きました。

一つの「案」として、ご理解頂ければと思います。

 - 未分類