ショートカット

      2021/03/19

”ショートカット”

 

おそらく、すぐに思いつくのは、

パソコンの操作の「ショートカット」ではないだろうか。

 

しかし、

頭の中の”ショートカット”と言う場合、

すぐにイメージがつくだろうか。

 

これは、

勝間和代さんの「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」で、

”はっ”っと思ったことであった。

 

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践/勝間 和代

¥1,680
Amazon.co.jp

ある程度、年齢と経験を重ねると、

「XXXの時は、OOOの場合になる」

という事象から結果を判断することがある。

 

しかし、その事象から判断を出す過程に、

誤りや認識の違いがあるならば、

仕事をしている最中ならなおさら問題となる。

 

もちろん、間違っていないこともあると思いますが、

うまくやっているつもりでも、

うまくいかないときなどで、

この「頭の中のショートカット」が、

悪さをしているかもしれない。

 

人は過去にとらわれやすく、

その結果を元に判断することが多いだろう。

 

その結果から導き出された結果を、

ショートカットとして保存され、

時間が経つにつれ過程が曖昧になり、

実は、導き出された過程に問題がある可能性がある。

 

きっとこれは、思い込みとも違うことで、

経験から判断されることであるが、

結果という事象が同じでも、

人によって、導き出された過程が違えば、

視点も違っている可能性がある。

 

つまり、AさんとBさんが話しをしていて、

同じ話題で盛り上がっているとする。

しかし、どこか話しが食い違っていたりすると、

双方の導き出されるまでの過程が違っていたため。

 

ということもありえるのではないだろうか。

 

認識違いならすみません。

 

仮に、一人で何かを判断しなければならない場合、

かつ、目の前にある課題などの情報から、

結果を導き出した結果、

悪い結果となってしまったとします。

 

このとき、自分の頭のショートカットにより導き出しているため、

それが、悪い結果になったポイントであったこと自体が、

認識できない可能性があるということではないだろうか。

 

どうしても理解できない場合には、

「なぜなぜ5回」などを利用して、

導き出された結果を、結果から逆算していくことも必要なのだろうと思う。

 

よって、周りの情報に限らず、自分の思考プロセスも疑うと、

新しい発見があるかもしれない。

 

と思いました。

 

いろいろな本を読んで、考え方や表現方法などを、

学んでいって、自分の引き出しを増やして行きたいですね・・・。

 

本を読んでいるうちに、自分の経験と重なることがあると、

すごく納得できるし、その経験が悪い結果に終わってしまったとき、

読んだ本に解決のヒントがあったりする。

 

それが、ストレスの原因だったりすると、

ちょっと気持ちが満たされて、

安心できることがある。

 

本を読み始めたのが遅かったのだが、

いろんな本を読んで行きたい。

 - 未分類