MCA Platform

      2021/03/19

久しぶりに資格を取得しました。

 

MCA Platformをとるなら、WindowsServer2008を待ってから取ろうと思っていて、

本日で取得。

 

これで、晴れて「MCA Master」となりました。

 

MCA Masterとは・・・。

 

MCA データベース

MCA プラットフォーム

MCA アプリケーション

MCA セキュリティー

 

の4科目を取得することによって、

もらえる称号とのこと。

詳細:http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/mca_master.mspx

 

マイクロソフトの新しい製品が発表されはじめているときで、

自分が、MCAを受け始めたころ、

試験内容が改定し始めていました。

 

SQLServer2005,WindowsVista,VisualStudio2005・・・WindowsServer2008

 

せっかくなら、すべて新しい製品版で、ということで、

取得しました。

 

だいぶ時間はかかりましたが、

すべて、新しいバージョンでの取得となり、

ちいさな目標は達成されました。

 

2009/04/05時点

・M10-101 MCA データベース

・M10-201 MCA プラットフォーム

・M10-301 MCA アプリケーション

・M10-401 MCA セキュリティー

 

で。

 

すべて基本的な内容の試験ではあるが、

意外と学習範囲が広い。

 

しかし、基本的なことを知っていなければ、

正しい応用もできないと思っている。

 

だから、あえて取得を目標としてました。

 

おそらく、エンジニア1年生には、うってつけでしょう。

すべての科目において、

知っておいてほしい内容です。

 

また、曖昧だった知識が、明確なり、

発言にも自信がもてるようになるかもしれませんね。

たとえば

・フレームとパケットの違い

・プロセスとスレッドの違い

など。

 

さて、MCAプラットフォームを取得できたので、

「Hyper-V導入アドバイザー検定」を受けてみよう。

 

仮想化技術は覚えていて絶対に損は無いと思うし、

むしろメリットも多いから、是非取りたい。

しかも、無料なので。

 

次は、何を受けよう・・・。

 - 未分類