話し、かける

      2021/03/19

話すって、何に関しても肝心なことだと思う。

 

そこで改めて思ったのは、

いまの現場は、すばらしいと思った。

 

リーダ、マネージャが、話しかける。

 

「どうですか?」

「何かありませんか?」

 

進捗が気になるから、話しかけるのは当然ということもあるが、

ちゃんと「人」と仕事をしているという感覚がある。

 

たとえば、こんなことがあるとどうだろう。

 

A:「日報書いてください」

B:「どんな内容ですか?」

A:「一日の中で何かあったことをメールで書いてください」

B:「仕事以外のことで、特に書くことないんですけど。」

A:「とりあえず、何か書いてください。面白いことあったとか。なんでも」

B:「どんな理由があるんですか?」

A:「コミュニケーションは重要なんだよ」

B:「・・・」

 

たとえばとは、書いたものの、

実は実際にあった話。

 

業務外で何かあったことを、ちくいち報告するのは、

いささかどうかと思ってしまう。

本当にコミュニケーションがとりたいのであれば、

顔をあわせたときに話したり、

飲み会でも開いてわいわいやったほうがいいと思う。

 

仮に、それと比べると、

話し方がうまい。

 

相手をみて、感じて、自分だったらこう思うかもということを、

想像して話している。

 

コミュニケーションは、自分本位では、

成り立たないと思う。

 

相手があって、初めて成り立つものであり、

「ああしろ」「こうしろ」というのは、命令になるんだと思う。

 

なんでこんなことを書いているかというと、

先日、ちょっと感動しました。

 

私の作業は、非常に単調ではあるのですが、

膨大な量の情報とほかの人が作ったものの解析、調査をやっています。

そして、調査結果の資料作成。

 

周りからすると、「楽しくない」「つまらない」作業に見えると思います。

 

今の現場に入って、ひたすら続けているので、

余計にそのように見えるんだと思います。

 

そこで、リーダーさんが言った一言。

 

「仕事楽しい(笑)でも、的確な資料が出てきたからホント助かったよ」

 

実は、たったコレだけのことだったのですが、

すごく救われました。

 

何もわからないなりに、きっと求めているであろう項目を絞って資料を作って、

こんなことを言ってもらえるなんて思ってもいなかった。

 

何より、言葉に”気持ち”が入っていたので、

涙が出そうだった。

 

大げさかと言われそうですが、

グっときました。

 

その方は、別のチームなのですが、

現場に入るときの面談でもいた方。

 

あまり年齢は変わらないと感じるのですが、

すばらしいことができる方だと思いました。

 

自分の目線を押し付けるのではなく、

個人があってのチームであることを意識して、

発言し、気持ちよく仕事をしてもらおうと、

本当に思っている人なんだと思いました。

 

私ももっと広い人間になりたいと、

改めて思いました。

 

~~~~~~~~~~~~

 

今年になって、やっと本を読む気力が出てきました。

読んだ本を紹介します。

 

マネー力 (PHPビジネス新書)/大前 研一
¥840
Amazon.co.jp

オレの言うことは間違っていない!

というような、印象も受けますが、勉強になります。

「しゃべる」技術~仕事力が3倍あがる話し方の極意/麻生けんたろう
¥1,470
Amazon.co.jp

確かに、学校の指定教科には、

しゃべるという教科はありません。

自分で感じて勉強していかなければです。

 

「脳にいいこと」だけをやりなさい!/マーシー・シャイモフ
¥1,470
Amazon.co.jp

翻訳された本ですが、

どことなくわかる気がする。

「そうかもしれない、でも、

そうしたほうが、いいような気がする」

とおもえるのではないでしょうか。

 - 未分類