研修

      2021/03/19

昨日のカンブリア宮殿で社長の名言集をやってました。

ちょっとしか見なかったんだけど、
アルプス技研の社長だったかな。

社長みずから研修を受けて、トップから正すことを実践されてました。

社長業は孤独との戦いと聞いたことがあります。
実はすごく迷ったり客観的な意見がほしかったり。
でも、会社のトッブだからこその判断が必要で、会社を引っ張らなければならない。

そこで研修を受けるというのは、刺激だったり違う見方だったりを得ることが出来るのかもしれません。

オイラとしては、いい姿だと思いました。

あと、カネボウの社長さん。

40歳代での異例の抜擢とのことで、昨日の上司が部下になることについて、質問を受けてました。

そこで「仕事であるから気にせず、会社を離れた機会では敬う」というような答えでした。

当たり前かも知れないけど、やらなければならないこと。

昨今、実力主義が世の中の会社に浸透して、年下の上司または年上の後輩が出来ることが多いようです。

日経アソシエのアンケートにもあったのですが、非常にストレスを感じることとしてランクされてました。
どちらの立場でもだったかな。

オイラも経験があって、叱った方がよいと思いつつ、どんな言い回しをしたらいいかすごく考えたことがあります。

でも、この場合でも、結局は伝えなければならないんです。これもまた当たり前かも知れないですね。

伝えなくて問題が発生してからでは遅いし、伝えて初めて感じることもあるでしょう。

コミュニケーションをとることから始まるのだと思います。

ただし、空気は読む必要はありますよね

もう一回みてみようかな。

 - 未分類