簿記

      2021/03/19

やっぱり役立つ。

独り言のメモです。

会社の基幹システムでは必須であると思う。

受注があれば売上があって入金がある。
発注があれば仕入があって支払がある。

当たり前だけど、会社の業務とお金の流れは切り離せない。

そこで簿記知識があると業務の流れを追いやすい。
業界や会社によって多かれ少なかれ違いがあるが、
ベースは違わないからだ。

以前の会社でも、基幹システムをやらせて頂いた。
遅いかもしれないけど、感謝です。

思いきり役立ってます。

業界は違うけど、現場の担当者の
「使うときの目線」がイメージ出来る。

これは大きい。

設計時のポイントも見つけやすい。

本当にいい経験をさせて頂いた。

使い方次第で、かなり応用が効くと思うし、
ベースシステムを持っていることは、
会社として大きな強みだと思う。

当時の部長が、頑として、新規で作らなかった理由がわかった気がする。

ユーザの業務がわかって来ると、システムが見えてくる。
もちろん視点が逆でも業務が見えやすいと思う。

話がそれた。。。

で、会計はこの世の中から絶対に消えることはない。

そこで、自分の分析をしようと思う。

少なからず簿記の知識があり、会計も若干わかると思う。

エンジニアとしての強みをどれだけ持っているか?

最近の技術面、特に開発言語は弱いから、違う面から見た方が良さそうだ。

年齢的にも、もっと違う分野に突き進む必要がありそうだ。

今のリーダー業務からマネジメント面をどんどん吸収しなければならない。

では、今後の生活面で期待ができるか。

現状では難しいかもしれない。。。

マネジメント面と会計系知識をもっと伸ばして、
コンサル側へ行けないか?

上司の話からすると、オイラはまだまだ足りない。知識面、考え方、判断基準。

いまのままでは、強くなれない。

舞台にすら上がれない。

ではどうするか?

簿記をもう一度勉強しよう。

経験は少ないかもしれないが、目標への希望が見えそうだ。

やれることやはやろう。

やるしかないのだ。

 - 未分類