戦後何年ですか?

      2021/03/19

先週、お盆で帰省をして親戚まわりをしました。

 

オイラは運転手なので、お酒を飲めませんでしたが、

両親たちはおおいに盛り上がっていました。

 

そこで、なぜか出てきた戦時、戦後の話。

 

「戦争はあってはならないし、起こしてはいけない」

 

皆がみせるちょっと違った表情に、

言葉の重みがありました。

 

戦後は、本当に悲惨な毎日だったと強く感じました。

 

百姓は米を作っても、国に没収され、

配給にまわされます。

 

百姓でなければ、山や川へでかけ、

はたまた、道端に生えている草から、

食べられるものを選別して食べていたそうです。

 

配給が回ってこない場合もありますし、

米を口にすることすら難しい世の中であったのです。

 

食べ物に敏感になっているので、

「味噌汁」のにおいがちょっとしただけでも、

気持ちは高まります。

 

でも、食べられないのです。

 

米を食べたくて、

ご近所に「分けてほしい」と回っても分けてもらえません。

 

小さな子供がこのようなことをしていたのです。

 

親はどれだけ惨めだったか。。。

 

百姓は米を国に持っていかれると書きましたが、

知恵を絞ります。

 

昔は、家の防寒対策に、わらを使っていたそうです。

 

そこで、稲にお米がついたまま、防寒対策をして、

国からの目を逃れていたそうです。

 

でも、これをできるのは百姓だけ。

 

百姓じゃなければ、何を食べていたのでしょう。

 

冬。

 

雪が降り積もる中、どんな気持ちですごしていたのでしょう。

 

考えられますか。

 

今の世の中は、ものがありふれて、

お金を出せばなんでも買えます。

 

戦後の食生活は悲惨としかいえません。

 

でも、その時代の方々ががんばったからこそ、

今のこの世の中があるのだと思います。

 

そして、オイラも話を聞いて、

 

戦争はあってはならない。

 

と、深く思いました。

 

戦争を知らない人たちが、

 

これから、世の中の中心の世代となります。

 

もしかしたら、これからが危険なのかもしれません。

 

時代は繰り返される。

 

でも、戦争は繰り返してはなりません。

 

何も生み出しません。

 

終戦記念日は過ぎましたが、

いまいちど考えてみてもいいかもしれません。

 - 未分類