認識とシナリオ

      2021/03/19

プロジェクトを進める上で、
プロジェクトメンバー(お客も含む)との認識を合わせ、
プロジェクト終了まで、いくつものシナリオを描くと思う。

誰しも、自分が担当する仕事が少ないという気持ちがあり、
そこから自分「だけ」のシナリオを描き始める。

しかしながら、シナリオを描く材料は、
文書だったり、会議だったり。

でも、言葉や単語一つひとつの「認識」を
違ってとらえたらどうだろう。

一人ひとり、または、チーム、会社間で、
認識、シナリオが違っていたら。。。

そして、意識合わせ、認識合わせの機会が少ないとしたら。

時間が経つにつれて、ベクトルが違った方向に向いてしまう。

関わる会社が数社なら、まだいいかも知れない。
何十社も関わり、それぞれが独自のシナリオを描いていたら。

さらに、個々で違った認識を基に、シナリオを描いていたら。

システム構築の経験がある方から、
すぐにわかるはずだと思う。

上流工程の小さなミスが、
下流工程にどれだけ大きな影響を与えるか。

分かってて見てみぬふりなんて、
有り得ないことだ。

しかし、「ある」のが現実。

何故かというと、会社間の立場だったり、
つまらない争いだったり。

いろんな意味で、いい経験かも知れない。

以上、独り言ブログでした。

 - 未分類