酔っ払い。。。

      2021/03/19

すみません。酔ってます。。。

 

今日は、会社の上司?というか、先輩といろいろとお話をしてきました。

 

退職する旨のお話やら、今のお仕事の内容やら、

いろいろとお話しさせていただきました。

 

その中で、お褒めの言葉をいただいたり、

激励のお言葉を頂いたりしました。

 

本当にありがたく、真摯に受け止めています。

 

お話の中で、なんとも言い表せない感情が、

ありました。

 

その方は、正直言うと、

入社当初は「怖い。。。」と思った方でした。

 

しかしながら、周りのことをちゃんとみており、

自分の部下に対して、気配りをされている方です。

 

その方や、いままで会社を退職された方を含めて、

自分で感じたことを受けて、行動を取っているにもかかわらず、

最低限、感じ取るべきところにふたをしている上司が、

なんとももどかしい。

 

問題が膨らむからか、あえてそのような行動や言動を取っているのかもしれない。

 

けど、なぜ、退職者が減らないのか、

また、退職する部署が特定であることに、

目を向けないのか。

 

理由、傾向から、対策は、会社として取れるはずであると思う。

 

経営者ではないので、分からないようなしがらみや理由もあるかもしれないけど、

いままで、技術的にも人間性をみても、

優れた方が次から次へと退職されているのです。

 

以前、半分勢いに任せて書いたブログの中に、

「言われるまでやらないのか?」と社長に言い返したことを書いたと思います。

 

それは、個人面談です。

 

その後、社内の人に対して、

個人面談が行われました。

 

しかし、ただ部下に思っていることを言わせるだけでは、

まったく意味が無いのです。

 

会社の方針や、現状を踏まえ、

また、面談をしている相手の方向性と、

得意分野や不得意分野などの要素を踏まえて、

会社や部門として利益を上げるために、

どのようにしていくべきか、または、協力できないかという

話でなければならないと思うのです。

 

あくまで個人的な意見なので、

なんの説得力もありません。

 

会社ですから、利益追求は当たりまえのことです。

 

しかしながら、上長だけでは、利益は¥うまれません。

 

部下と協力しあわなければならないのです。

 

協力する過程において、強制や、

または、会社間の政治的な理由をすべて言わずに、

押し付けるということをすると、

対人として、引いてしまう傾向は誰しもあると思います。

 

皆さんのまわりで、「信頼できるな」とか「説得力あるな」という方がいらっしゃると思います。

 

その人の話し方や、接し方はどんな感じでしょうか。

 

正面を向いて話しているような気がしませんか?

または、「考えているな」と思えるような言い回しをしていませんか?

または、話す相手の立場や目線に合わせて言葉を選んでませんか?

 

人によって、基準は違うと思いますが、

私が思うところの基準の一部です。

 

上司が強制するような時代ではないと言ってしまうと、

ただの言い逃れになってしまいますが、

もしかしたら、会社の人数や、技術レベルによっては、

お互いに歩み寄る必要ってあると思うのですよ。

 

中間管理職でも、上司から受けている印象の悪いことを、

何の気なしに、部下にやっていないかとか、

時には立ち止まって客観的にみることも必要です。

 

これは、↑に書いた会社のことではなくです。

 

誤った伝え方や、言い回しによる相手の影響を、

後から気がついて反省して、

次からやらないように心がけるようにしています。

 

ですので、気にかけていることが、

日を増すにつれて、多くなっています。。。

 

人は完璧にはなれないと思いますし、

自分がやっていることが正しいと思って、

周りを省みず突っ走ることもあるとおもいます。

 

ただ、人に言われる前に気がつくべきところは、

自分で気がついて、必要であれば、

考え方、言動を改める必要ってあると思うのです。

 

成長を止めた瞬間

 

成長を望まなくなった瞬間

 

自分はこれでいいのだと思った瞬間

 

成長しようとしている人と、

 

数倍の差が開く

 

と思うのです。

 

簡単にあきらめないこと、

 

簡単に人のせいにしないこと、

 

自分で納得するまで考えて、

 

行動し、改めるべきことは改め、

 

二度と繰り返さないよう

 

成長し続けなければならないと

 

思った今日この頃です。。。

 

おそまつさま。

 - 未分類