あきれた・・・

      2021/03/19

最近、ネガティブな内容ばかりだけど、

ごめんなさい・・・。

 

書きます。

 

退職するという旨の話をして、

今日、社長から直接呼ばれた。

 

その話の中で、

 

「なぜ上司との面談がなくなったのですか?

突然やらなくなるというのはおかしい。」

 

という問いをした。

 

そしたら、

 

「なぜ今年はやらないのかを聞かないの?」

 

と言われた。

 

なんか頭にきたので、

 

「社員から言われないとやらないんですか?」

 

と切り替えした。

 

が、結局違う話に持っていった。

 

オイラは、正直あきれました。

 

「これって、会社が社員を評価する材料を得る場を

放棄している」

 

のではないかと思う。

 

凄く人数が少ない会社で、

社員のやっていることや、実績がわかるような会社であれば、

もしかしたら、いらないかもしれない。

 

こう思うのは間違いか?

 

オイラが思うに、

社員と向き合って、社員がどう思っているのかを知る機会としたら、

一番設定しやすいと思う。

 

そして、そこで、社員が思っていることや、

どうなりたいとか、こんなことを目標にしているとか、

っていうことを、汲み取って、

仕事をする上で、どんな方法や進め方がいいのかを、

検討して、効率良く利益を生む体制や、方針を決めていくのではないかと思う。

 

無論、オイラは経営者ではないので、

言っていることは机上の空論にしか過ぎないし、

文章も推測の域を超えない。

 

他にもいろいろ話をしたが、

「上司に思いを伝えろ」とか、

「会社と戦え」とか、

「自分のやりたい環境を自分で作れとか」。

 

社員への要求が多い。

 

これから成長をするべき社員が、

社長のその要求をどれだけこなすことができるのか。

 

1年で全部「一人で」やれ?ってことか?

 

内容は言えないけど、

「これこれ、こういうことって、おかしくないですか?」

 

というと、それは「逃げ」だという。

 

何が逃げですか。

 

その質問に対して、

正面から答えず、社員に逃げだという社長が、

一番逃げていないだろうか。

 

自分の立場と言葉を利用して、

社員の問いに対して、自分に言い聞かせているとしか思えなくなる。

 

確かに、辞めると言っている社員に対して、

まっとうに答える必要は何一つ無い。

 

けど、常日頃、

そういう言い回しをしているということに、

「自分で」気づいて欲しい。

 

気づいていて、

改善しようとしないのであれば、

もっと悪質だ。

 

怒りを通り越して、

完全にあきれてしまった。

 

こういうことを、社長に向かって言おうとは思わないけど、

むしゃくしゃしたので書きました。

 

こんなことをブログにしか書けない自分もまだまだだと思う。

はぅ・・・

・・・。

寝よ。

 - 未分類